スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちたまがインキンなわけ

なぜちたまはインキンなのか。



その問いは、ちたまを離散コサイン変換した時に現れるちたま双曲線によって得ることができる。

そのハイパボリックな領域内でtitama関数 X=ti*ta^ma=AHOを満たすとき、ちたまはフィボナッチ数列に比例した

減少速度で、緩やかにホーキング輻射を開始する。


逆に、直線領域内でのちたまの挙動は非常に安定しており、その状態でのちたまのフィードバック制御系の安定性は、

標本化周波数を半分にしたちたま的ナイキスト周波数を、ちたま安定係数 K=1.7320708(ひとなみにオナれや)で

たたみ込み積分を行った値と等しい。



この現象を、多角的視点から考察してみる。

安定状態にあるちたまは、極めて高エネルギーでスピンする電子を内包している。この電子スピンにより、

ちたま外部にはちたま的磁場が現れる。ちたま的磁場によって、周囲の人間はよしお可愛いよ状態になることが

一般的に知られている。

安定状態にあるちたまに、同性愛者、所謂ゲイが第一次接近遭遇を果たしたとき、ちたまは極めて高い興奮状態へと

遷移する。安定状態から興奮状態への移り変わりの早さは、ちたま伝達関数を逆ラプラス変換した過渡応答式

ERO=GEI=E0{1-exp(-Rt/M)} から求めることが可能である。


興奮状態に達したちたまは、ちたま電子におけるシュレーディンガー方程式を解いた、ちたまの波動関数に従って

ちたま素粒子を放出する。このちたま素粒子は、ありとあらゆる物質に劈開面を形成することが知られており、

将来主に産業用途としての利用が期待されている。




しかし、ちたま素粒子によって、ちたま自身に劈開を発生させてしまうことが、近年の研究により明らかになった。

それにより、ちたまの内部構造、及び精神構造は致命的な損傷を受け、ちたまはベータ崩壊を開始する。

それにより飛散した放射線は、スポラディックE層で反射し、超長距離を伝搬する。

地球規模で放射線をまき散らしながら、ちたまの崩壊はさらに進行し、最終的に白色猥星へと変貌する。



白色猥星になったちたまは、温暖で湿度が高く、細菌類、主に白癬菌の温床になりやすい環境を形成する。

そのため、白癬菌が爆発的に蔓延し、ちたまはインキンタムシに罹患する結果となるのである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
 
プロフィール

kurosinzyuguild

Author:kurosinzyuguild
ちたまがインキンタムシを愛してやまない

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。