スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちたまにチーズバーガーをぶつけると死ぬ

夢現かもわからないまま、僕は夢を見ていた。

淡い篝火のような、穏やかな光が辺りに充満していた。



匂いは、何もしなかった。

なぜなら、そこに嗅覚という概念は存在しなかったから。


音も、何も聞こえなかった。

なぜなら、そこに聴覚という概念は存在しなかったから。



でも、遠くでそれを見ることができた。

それは、とてもぼんやりとしていた。

白いような、蒼いような、そんなイメージが、僕の脳内を駆け抜けていった。


……白い?


……蒼い?


それはどういうことなのだろうか。



僕には、よくわからない。


しかし、僕にとってそれがとても、大切なものだということはわかった。

その暖かい感触が、僕の体を安らぎの海へといざなった。



とても心地良い。

夢の中で夢に堕ちそうになりながらも、僕はもっとそれに近づこうと、歩き出した。

その場所は歩くという概念が存在していなかったけれど、僕は歩いた。


それは、向こうから近づいてきた。

朝霧のような、形のない形が近づいてきた。



そして、それが僕を柔らかに包み込んだ時、僕は理解した。



──僕とインキンタムシとの、出会いだった。



──────────────────────────────────────────────



 目覚めはいつも憂鬱だ。けたたましいめざましの音で目を覚ました時、頭痛までもが一緒に

到来してきた。なんて最悪な朝だろう。

 俺の口から勝手に出てきた細かな愚痴が、部屋の四隅に霧散していく中、安住の地フトンから

脱出することを試みる。


 顔に水をぶっかけ、布団をこれでもかというくらい丸めてたたみ、オーブントースターに

食パンをねじ込むという、もはやルーチン化された朝の作業を済ませた時、俺は携帯電話に

新着のメールが届いているのを発見した。


 一部がやや炭化水素に変質してしまった食パンにジャムを塗りたくりながら、携帯を確認

してみる。


 メールは2通着ていた。ひとつは、よく通っている病院からだった。物心がついたあたりから

俺はインキンタムシを患っていたため、その頃から病院に足繁く通っていたのだが、このインキン

タムシ、ちっとも治る気配がしない。何度もの治療も功を奏さず病院関係者も揃えて首を振った。

 もはや15年あまりを共に生活するこのインキンタムシに、俺は一種の情愛すら感じるほどにまで

なっていた。


 閑話休題。

 インキンタムシの話などどうでもいいのだ。次のメールを確認してみる。

 宛先人は、見たことのないアドレスを示していた。ふむ、またスパムメールか何かだろう。

 俺はそう思い、一応削除する前に確認してみるかと本文を表示させてみた。

 簡潔な一文が、そこに表示されていた。


 「地球にチーズバーガーをぶつけると死ぬ」



 まるで、意味がわからなかった。

 絶対的な進行速度を持っている時間が、その時ばかりは停止したのではないかという錯覚さえ

覚えた。送信主は何が目的で、わざわざこんな意味不明な一文を俺に寄越したのだろうか。

 寝起きの立ちくらみにも似た、強烈な眠気の中で必死に考えてみても、俺の崇高なる

大脳新皮質様は何も答えを吐き出しちゃくれなかった。

 しょうがない。こういう時は、見なかったことにしよう。一番エネルギーの使わない解決方法

として、目先の問題を棚に上げるという選択肢を選んだ俺は、出社するた(省略されました。

続きを読むにはちんたまちんたまと書き込んでください。)

 


スポンサーサイト

インキンは一日にして成らず

インキンタムシは、地球(セカイ)に優しく反響した。


其れは、非認識的超常具現化存在が齎した、愛するものを守りたいという創造力(エネルギー)。

地球への愛が、公務員としての責務が、そして、ちたまが強く身に秘めているムネ揉みたさという

想いが、インキンタムシを可憐な熱陰極低圧水銀蒸気放電少女へと昇華させる。


とあるホモは言った。

白癬菌の忍耐力こそが、社会保障制度の抜本的見直しに役立つと。

とある守銭奴は言った。

ちたまの生命力が、大地を遍く照らし、アストラル体との情熱的な逃避行生活を約束すると。


それらは力。

それらは勇気。


空いっぱいに描かれた美しい旋律となりて、言葉の羽毛がセカイを柔らかに包みこむ。


ちたまはインキン。

その事実は、常識をも飲み込んでしまう広大さ。

それは、神と同じ大きさ。神と同じ重さ。

ちたまは雄弁に語るであろう。

セカイはかくもインキンにして成りたっていたと。


では、そのセカイへはいつ至るのだろうか。

世界が無数に存在するとして、セカイは一瞬の夢幻の如く。

泡沫のように消えてなくなるだろう。

それでも、世界にとっては、どんなに短い時間でも意味を持つ。


意義を持つ。



インキンタムシがたとえ、忘れられた存在だとしても。

ちたまは願い、願う。

真摯に、直向きに、たおやかに。




──セカイの記憶が、皆様のよりよいマッシュポテトとなりますように。



金木犀の香り漂う、その丘で。


遥かに望むちたまの希望が、見えた気がした。




ちたまがインキンなわけ

なぜちたまはインキンなのか。



その問いは、ちたまを離散コサイン変換した時に現れるちたま双曲線によって得ることができる。

そのハイパボリックな領域内でtitama関数 X=ti*ta^ma=AHOを満たすとき、ちたまはフィボナッチ数列に比例した

減少速度で、緩やかにホーキング輻射を開始する。


逆に、直線領域内でのちたまの挙動は非常に安定しており、その状態でのちたまのフィードバック制御系の安定性は、

標本化周波数を半分にしたちたま的ナイキスト周波数を、ちたま安定係数 K=1.7320708(ひとなみにオナれや)で

たたみ込み積分を行った値と等しい。



この現象を、多角的視点から考察してみる。

安定状態にあるちたまは、極めて高エネルギーでスピンする電子を内包している。この電子スピンにより、

ちたま外部にはちたま的磁場が現れる。ちたま的磁場によって、周囲の人間はよしお可愛いよ状態になることが

一般的に知られている。

安定状態にあるちたまに、同性愛者、所謂ゲイが第一次接近遭遇を果たしたとき、ちたまは極めて高い興奮状態へと

遷移する。安定状態から興奮状態への移り変わりの早さは、ちたま伝達関数を逆ラプラス変換した過渡応答式

ERO=GEI=E0{1-exp(-Rt/M)} から求めることが可能である。


興奮状態に達したちたまは、ちたま電子におけるシュレーディンガー方程式を解いた、ちたまの波動関数に従って

ちたま素粒子を放出する。このちたま素粒子は、ありとあらゆる物質に劈開面を形成することが知られており、

将来主に産業用途としての利用が期待されている。




しかし、ちたま素粒子によって、ちたま自身に劈開を発生させてしまうことが、近年の研究により明らかになった。

それにより、ちたまの内部構造、及び精神構造は致命的な損傷を受け、ちたまはベータ崩壊を開始する。

それにより飛散した放射線は、スポラディックE層で反射し、超長距離を伝搬する。

地球規模で放射線をまき散らしながら、ちたまの崩壊はさらに進行し、最終的に白色猥星へと変貌する。



白色猥星になったちたまは、温暖で湿度が高く、細菌類、主に白癬菌の温床になりやすい環境を形成する。

そのため、白癬菌が爆発的に蔓延し、ちたまはインキンタムシに罹患する結果となるのである。

インキンタムシとは

白癬

白癬(はくせん)とは、皮膚糸状菌によって生じる皮膚感染症の一つである。原因菌は白癬菌と呼ばれる一群の真菌によって生じる。


病型


腕に生じたタムシ。Trichophyton mentagrophytesの感染で生じた。
体部白癬(たむし)
被髪頭部・手・足・股以外に生じる白癬菌感染症。Trichophyton rubrumが最も原因菌として多い。次にTrichophyton mentagrophytesが多い。
股部白癬(いんきん)
股に生じる白癬菌感染症。Trichophyton rubrumが最も原因菌として多い。次にTrichophyton mentagrophytesが多い。
足白癬(水虫)
足底・足の指の間に生じる白癬菌感染症。Trichophyton ruburumが最も原因菌として多い。次にTrichophyton mentagrophytesが多い。Trichophyton rubrumの場合は、角化型の白癬で痒みが少なく、高齢者に多い特徴がある。一方、Trichophyton mentagrophytesの場合は、小水疱を主とする病変で小水疱型白癬とも呼ばれる。この場合、痒みが強く比較的若年者に多いという違いがある。また水疱型白癬とよく似た症状で痒みの伴わない掌蹠膿疱症がある、こちらは無菌性で白癬とは関係がない。
爪白癬(爪水虫)
手の爪・足の爪を侵す白癬菌感染症。一般的に「爪水虫」と呼ばれる。ほとんどがTrichophyton rubrumが原因であり、Trichophyton mentagrophytesによるものは少ない。
頭部白癬(しらくも)・ケルズス禿瘡
頭部に生じる白癬菌感染症。毛嚢を破壊し難治性の脱毛を生じるものはケルズス禿瘡と呼ばれる。Microsporum canis・Trichophyton verrucosumが原因の比率が高いため、猫飼育者・酪農家は注意が必要。その他、Trichophyton rubrum・Trichophyton mentagrophytesがある。
検査 [編集]

病院にて、皮膚の表面をこすり、落屑を顕微鏡で見る皮膚真菌検査という検査方法が一般的である。実際は、落屑を苛性カリ溶液を加えて皮膚を溶かし、溶けずに残る白癬菌を確認する。
治療 [編集]

白癬菌を殺す働きのある抗真菌薬を使用するのが一般的。抗真菌薬の外用剤は病院・診療所や薬局・ドラッグストア(店舗販売業)で手に入れることができる。また、爪白癬や広範囲の真菌感染症の場合は内服薬を使用する。内服薬の服用には医師の診断が必要であり、病院・診療所で診察を受け、その医療機関で交付を受けるか、処方せんに基づき薬局で入手することになる。
関連項目 [編集]

皮膚科学
皮膚糸状菌症
アトピー性皮膚炎-真菌が原因である場合もある。その場合、保湿やステロイドなどの治療によって悪化することがある。



引用元:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E7%99%AC
Twitter
 
プロフィール

kurosinzyuguild

Author:kurosinzyuguild
ちたまがインキンタムシを愛してやまない

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。